FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
SHIGE君のチャレンジ!
2010年04月25日 (日) | 編集 |
教室の癒し系ムードメーカーのSHIGE☆くん
今日はSHIGEくんが私の友人の発表会で、「白鳥の湖」全幕の王子の
家庭教師役と、三幕の式典長役にチャレンジさせていただいた姿を
観た。
初めてたった一人で教室の仲間以外の方々の中で、自分に責任を
持って、与えられた役割を務めるということを学んだよう。
かなり親バカなのだけど、、、感激

3月末、不安そうなSHIGEが心配でたまらず、のこのこと片道3時間も掛かる
宇部までレッスンについて行ったら、ゲストの先生からも厳しいアドヴァイスを受け、
可愛そうなくらいに緊張しているSHIGEくんを見て、この非常に難しい俳優としての
要素も必要な、重要な脇役なんて、、、高校生のSHIGEには無理なんじゃないかとか、、、
友人の公演を壊してしまうんじゃないか、、、とか、、、、
とってもとっても心配したのだけど、、、
MEGUMI先生やゲストの先生方、MEGUMI先生の教室のご父兄や生徒さん達に
たくさんのアドヴァイスをもらったんだろうなぁ、、、
今日は、それなりにゲストの先生方の演技や、空気を読みながら
SHIGEくんなりに演じている姿に、MEGUMI先生に感謝しつつ
感動させてもらった
SHIGEくんは、本当に良い経験をさせていただいたよう。
MEGUMI先生ありがとう!!
生徒の成長を見ることができるのは、何とも言いがたい幸福

ヴォルフガング役のSHIGEくん

やはり教室を飛び出して、第三者から厳しい指導を受けることは必要なこと。
可愛い子には旅をさせよとはよく言ったもの。
多くの方の指導を受けられるような環境を作ってあげることや、
アドヴァイスを受けられるレベルにしてあげることも、バレエ教室の
先生の責任だと思う。
劣等感や挫折というのは、人間を卑屈にする場合もあるけど、
人によっては強くもなれるチャンスでもある。
乗り越える強さは支えてくれる人がいるかどうかにもよる。
今日、一緒にメイクの手伝いについてきてくれた、新人アシスタントの
HARUちゃん先生も、自分の未来のため、自分が傷つくことなんて恐れずに
私を驚かせることでも良いから、今、貪欲に何にでもチャレンジしてほしい。
ガンバレ!可愛い子☆
                   HARUちゃんとSHIGEくん


思いきり咲いて美しい花☆
2010年04月22日 (木) | 編集 |
散っても綺麗な精一杯に咲いた花

今日スタジオの玄関を開けたら、昨日まで綺麗に咲いていたのに、、、
生徒のおばあちゃまに戴いた牡丹の花が散ってしまってた。
スタジオの玄関を開けるたびに、皆の目を楽しませてくれた
子供の顔くらいに大きな牡丹の花。
あんまり綺麗なので、スタジオにあったガラスの器に花びらを
入れて飾った。まさに花の命は短し。
最高に美しい時期はあっという間に過ぎてしまう。。。


神戸コンクールにもチャレンジするエネルギッシュな生徒たち!
思うように踊れないときに、自分で自分を否定して心を閉ざして
しまうと、咲く花も咲かなくなってしまうよ。
誰にも明日のことは判らないんだから、今、この瞬間、大好きな
バレエを踊っていられることに自分自身が感動していないと、
人の心に届く踊りなんて絶対に出来ないんだからね!!
美しい花を心に咲かせて、自分の今を受け入れて、自分に厳しく、
自分に素直に、自分に責任を持って、自分を大切に、自分を信じて☆
とにかく、今は綺麗な花が咲くように、嬉しいことも辛いことも
全てが栄養になるときですよ。
諦めないでね。投げ出さないでね。

コンクールに出る仲間のために、発表会練習をする時間とスタジオを
譲ってくれてる生徒たち。本当にごめんね。
発表会で生徒たちみんなの綺麗な花が咲くように、コンクールが終わったら
あなた達に、たっぷりと時間を掛けて付き合いますよ。
思いっきり扱いてあげますよ!!
もう少しだけ許してね。待ってて下さいね。

パ・ド・ドゥレッスン三日目
2010年04月18日 (日) | 編集 |
パ・ド・トロワ2009
パ・ド・ドゥレッスン三日目の今日も、まだまだゆとりも無く、
表現をするというところまでは行きついてはいないのだけど、
今回のチャレンジャーさん全員、この経験によってのそれぞれの
成長はみえた。

一番大きな成長を見せてくれたのは、生徒たちを一生懸命に指導して
下さるASHIUCHI先生の姿と、先生の指導に必死について行く後輩たちの
姿に刺激を受けた、生徒同士でパートナーを組む、〈サタネラ〉を踊る
MARIKOちゃん&SHIGE君ペアと、〈パリの炎〉のMORIKOちゃん&SHIGE君ペア。
二人の女の子は、ゲストの先生のようには頼れない生徒のSHIGE君と踊る
ことで、ゲストの先生に頼り切って踊れるパ・ド・ドゥでは無くて、
パートナー同士、自分たちで協力し合って作品を創り上げて行くんだ!と、
感じていることが伝わってくる。
発表会は、やっとバレエの入り口に立った生徒たちに、成長する為の課題を
与え、目標に近づく力を身につけさせることが目的のものなのだから、
この三日間に見せてくれた子供たちの真剣な姿は、必ず、それぞれの
課題を乗り越えてくれると期待ができるものだった。
皆で良い舞台を創りたいという、同じ目的を持った教室の仲間たちと、
お互いを思いやる気持ちだけは絶対に忘れずに、切磋琢磨しながら、
生徒全員が成長してくれると良いなと願う。

泣いたり、笑ったり、落ち込んだり、、、大騒ぎの三日間だったけど、
パ・ド・ドゥ初チャレンジの生徒たちは、不安だけど、心配だけど、、、
でも☆楽しいといったところのよう。。。
ASHIUCHI先生 本当に本当に有難うございました
また来月、どうぞよろしくお願い致します。

パ・ド・ドゥ特レス二日目
2010年04月17日 (土) | 編集 |
牡丹の花
生徒のおばあちゃまが大切に育てられた牡丹の花


パ・ド・ドゥレッスン二日目。
今日は、昨日初めてゲストと組んでの練習を経験したことで、少し
安心したのか笑顔が見えるようになった子、、、
ますます緊張している様子の子、、、
笑顔はないけど柔らかな雰囲気が見えるようになった子、、、
落ち込んで泣いている子、、、さまざま。。。


今回のパ・ド・ドゥチャレンジャーさんだけでなく、他の仲間たちや
お姉さんたちに憧れる教室のちびっ子ちゃん達も、みんな、みんな
この子たちは皆、バレリーナの卵としては勿論大切な時期なのだけど、
バレリーナとしてというよりも、人としての綺麗な花を咲かせるための
準備をしている若い芽。
元気に芽を伸ばすように経験という栄養を与え、枯らさないように
見守りながら、美しい花が咲くように手伝ってあげないとならない子供たち。
可愛い生徒たち全員!!どのポジションも舞台を創るためには大切なんですよ。
与えられた役割へのチャレンジ。
絶対に!絶対に最後まで諦めないこと、投げ出さないこと。
器用に上手に踊れるだけでは、観る人に感動なんてしてもらえないよ。
自分自身の心が感動して、心の中から沸き起こる想いが自分の身体に
伝わって身体を動かし、踊りとして観客に届くのだからね。
頑張れ!!可愛い生徒たち。
先生も、自分の心の中から湧きでる想いで、あなた達を支えられるよう
頑張りますよ!!

緊張と涙のパ・ド・ドゥレッスン☆一日目
2010年04月16日 (金) | 編集 |
 今日から三日間は、神戸の貞松・浜田バレエ団からASHIUCHI先生に
スタジオにきて頂いて、初めてパ・ド・ドゥにチャレンジする子供たちに
パートナーシップの基礎を教えていただく、皆が楽しみにしている
特別レッスン。
ASHIUCHI先生の指導は、とっても丁寧で、根気強く温かで優しい。
踊ることの楽しさを思いっきり教えて下さる先生なので、生徒たちは、
先生に指導を受けることで、初めての大きなチャレンジの不安が癒され
ているよう。。。
今年もASHIUCHI先生にパ・ド・ドゥの指導にきて頂けることになったよ
と言うと、皆、ホッとしている様子だった。

初日はいつものことなのだけど、子供たちの意識レベルも高いため、
かなりの緊張もし、自分が、周りからどう見えているのかも分からなく、
不安で、自然と涙もでてくるよう。
ガンバレ!可愛い生徒たち!!
成長する気が無ければ、苦しむ必要も無いのだからね。
発表会本番までの数カ月、たくさんの壁にぶつかりながらも、努力の先に
ある感動を夢見てレッスンに励むであろう、この子たちの成長を、私も
ドキドキハラハラしながら楽しみにしよう
ASHIUCHI先生、本当にいつもありがとうございます



もうひとつ今日の出来事は、先日のスヴェトラーナ先生の特別クラスを
取材して下さったメディアセレンディさんの事務所に伺い、アップ前の
映像を見せてもらった。
3時間以上にもなる撮影映像を、わずか5分間にまとめ、初めて
見られたスヴェトラーナ先生の指導内容や、ラーナ先生の特徴を
掴んだ内容に仕上げて下さったのには感激
本物のプロフェッショナルに出会えるのは嬉しい
レポーターを務めたHARUちゃん先生も奮闘していて、楽しい映像に
出来上がっていました。
MIAKE社長!有難うございました
→→ラーナ先生レッスン動画


この会社のエグゼクティブプロデューサーを務めておられた、若く美しい
TOMODA女史が、ご実家の事情で会社を離れられ非常に淋しくなって
しまったが、豊かな感性を持った誠実でエネルギッシュで素敵な人との
出会いを繋いでくれた福津市の夕陽館のSERINOさんに感謝。
先日、あいさつに来られた時の、女史の目にかすかに浮かんだ涙が
忘れられない。
TOMODA女史!!こんな非力な私ごときだが、陰ながら応援しているからね!!
彼女とは、いつか、また、一緒に楽しい仕事ができると良いなと思う。


ラーナ先生クラス取材
2010年04月10日 (土) | 編集 |
2010.4.10ラーナ先生取材

今日は、<玄界WebTV>メディアセレンディさんが、スタジオの取材に来られ、
スヴェトラーナ先生の特別クラスを撮影してもらった。
ラーナ先生は、6歳でロシアのキャラクターダンススクールに入学。
11歳でペルミバレエ学校に合格し、本格的にバレエ教育を受け、
15歳のとき寮を出て、実家の近くのクラスノヤルスクバレエ学校に編入。
卒業後は、クラスノヤルスクバレエ団で主な役を踊る。
結婚のために日本に来られ、このバレエ教室の近くにお住まいのため
バレエ教室との縁ができた。
子供たちにも、厳しく温かなラーナ先生の指導は人気がある。

緊張しつつ頑張っていた子供たちの様子を、根気よく撮影して下さった
MIAKE社長、長時間お疲れさまでした。有難うございました!!!
インタビュアは、メディアセレンディさんの見習いレポーターもしている、
バレエ教室アシスタントのHARUちゃん先生が務めさせてもらった。
まだまだレポーターとしては経験が浅く、モニターを見ては
棒読みでイヤだ~~と自己反省しているHARUちゃんなのだけど、大学でも
表現について学んでいるHARUちゃんには、レポーターという経験を
させていただいて、とっても良い勉強になっていると思う。
スヴェトラーナ先生は、指導している映像をロシアのお友達にも
見てもらえると喜んでくれた。
みんなに楽しい経験をさせて下さったMIAKE社長、
本当に有難うございました

どんな映像が出来上がるのか、とっても楽しみ



今日4月10日は、いつも明るい笑顔で生徒たちを迎え見送ってくれる
石橋さんのお誕生日。
4.10石橋さんのお誕生日
この素敵な笑顔に、私も、生徒たちも癒されています。