バレエ教室のささやかな出来事
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
早くも1年
2010年09月27日 (月) | 編集 |
『バレエ教室だより』を初めて書いてから、今月で早くも1年。
9月も終わりに近づき、ようやく窓を開けると涼しい風が
入ってくるようになった。


先週末は、クラスを担当しているアシスタントさん3人全員が、
それぞれの理由でお休み。
連日の長時間レッスンは、体力的に無理だ~と思ったのだけど、
友人に助っ人を頼み、なんとか乗り切る。。。
確実に体力減退を感じるなぁ、、、

久しぶりの幼児クラスちゃんとのレッスン。
この子たちは私のことは全く怖いとは思っていないらしく、、、
すきあらば、すぐにぺったりと抱きついてくる。。。
でも、夏の発表会のあと、ちびっ子なりに頑張る意識が
高くなっているようで
注意したことをすぐに直して、「先生!これでいい?見て!!」と
言ってくる。
   出来てるかどうかは別なのだけど、、、
   この意欲は可愛く頼もしい☆
   頑張ったことを褒めちぎる。
他の子も「見て!見て!!」と、そのうち全員で大合唱。
こうやって、みんなで共に育っていくのがグループレッスンの
良いところだな。
地味な基礎訓練に向かうには集中力が必要なのだけど、この
レッスンに集中するというのは、ちびっ子たちには、
口で言うほど簡単なものではない。
ひたすら忍耐と根気を要する。
教室には、こんなちびっ子の頃からの長い付き合いの子が多い。
舞台を通した感動が、子供たちの頑張る意欲を育てているんだと思う。
来年の発表会を楽しみにしている、この子たちに、これから
どんなことが経験させてあげられるか、、、
精一杯に努力した後の生徒たちの、舞台の上での笑顔や生き生きとした
姿を見るのは、世話をしている私の方が喜びと感動を貰える。
次回の発表会も、思いっきり楽しませて、思いっきり頑張らせてやりたい!!

父兄会
2010年09月14日 (火) | 編集 |
9月に入り、来年の発表会に向けての話し合いをクラスごとに
3回に分けて行なった。
相変わらず、自分の気持ちを人前で言葉にして伝えるのは苦手。。。
分かってもらえたのか不安もあるのだけど、、、
参加して下さったお母様方ありがとうございました!

教室は来年25年目を迎える。
ささやかながら25周年記念の発表会を予定している。
生徒たちは益々ヤル気満々なのだけど、そんな子供達のためにも
親御さん方のご理解とご協力がないと良い舞台は創れない。
ママたちにも、おなじ関わるなら楽しみながら参加してほしい。
何か不安なことがママたちにあるなら、ママの話を聞いて、全部は無理でも、
少しでも楽になるようにして、みんなで楽しみながら
発表会の準備をしていきたい。
お母様方との話し合いはその為。
もっとカッコよくパシッと話が出来る先生なら、ママたちはもっと
安心なのかもしれないのだけど、、、ごめんなさいママたち。




先日、バレエ仲間と食事に行った先のマスターから、

    友人がサッカー教室をすることになり、
  子供が習い事をする意味を考えているのだけど、
       バレエをする意味って何?
                   と突然聞かれ、、、

子供の頃にバレエに出会ってただただ好きになって、先生が見せて
くれたバレエの世界に感動してしまって、、、そんな子供の気持ちのまま
今に至ってしまったため、バレエをする意味、、、、??なんて
考えてこなかった。
バレエを習わせる親の目線でバレエ教室をしているのなら、もっと
賢い経営者になれたのかもしれないのだけど、、、残念ながら
そんなこと考えさせてくれる対象がいないため、ずっと心の中は
バレエに出会った子供の頃のままだ。
そんな質問されても何て答えたらいいのか、、と思ったのだけど、、、、
思わずこんなことを言っていた。

  姿勢や立ち居振る舞いが綺麗になることは勿論だけど、、、   
   理不尽で自分の思い通りにならないことが沢山あること、
   縦と横の人間関係の中に自分がいること、
   自分自身と真剣に向かい合うこと、
   会ったことも無い人からも支えられていることを知ること。
   我慢すること、感謝すること。
   思いやりある行動と言葉が礼儀だと知ること。
   沢山の感動を知ること。  こんなことに意味があると思うよ!

 全部、私がバレエと舞台から与えてもらった大切なこと。。。


バレエを習っている子皆が、バレエの道に進むわけではないから、
いつかは可愛い生徒たちも教室を離れていく。
生徒との別れは何ともいえず淋しく悲しいのだけど、バレエを離れ社会に
出た昔の生徒たちが、今では、生徒のときとは違った形でバレエ教室と
関わってくれるようになり、この子たちの中には、成長期にバレエから
得た心の柔軟性や強さがあり、それが今の自分を助けてくれていると聞くと
とっても嬉しくなる。
ちびっ子でも舞台に立つ以上は、礼儀を学び、自分の役割を理解し、
観客に感動を与えられるようプロ意識を持って臨むこと。
こんな経験が出来るのが、バレエをする意味かな。。。