FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


創立25周年
2011年01月30日 (日) | 編集 |
20年前に創った「ロシアの調べ」

今年、私のバレエ教室は25年目を迎える。
25年なんて数字を言葉にすると、ずいぶんと長い時間が経ったものだと
思うのだけど、本当にあっという間だった。
目の前の、夢見る可愛いバレエ大好きっ子たちを、自信を持って
踊れるようにしてやらねばと、ただそれだけのために無我夢中だった。
私を信じている生徒たちの、キラキラ綺麗な瞳にプレッシャーも感じつつ、
純粋な子供たちの心に励まされ、癒され、勇気を貰いながら、生徒たちと
一緒に舞台を創って来た。
本当に有難いことに、たくさんの方々に支えてもらって、
ここまで続けることが出来た。

先日、マダムKOMACHIが、YUKIKO先生はもう戦い済んで実りの
年齢なんだから、あんまり突っ走ると壊れるよと言っていたが、
「私はまだ戦ってるよ~~!」と反発したものの、、、そういえば、、
最近、身体が昔のようには言うことをきいてくれないのを、
悲しいかなひしひしと感じる。
いったい私はどんな実をつけているのやら。。。
この仕事は、自分で手にとれるような形が残らないものだから、
精一杯に心をこめて生徒の世話をしていても、表面には何も見えない。
わずかに発表会の写真やビデオが残るだけ。。。
実っているとすれば、私と一緒にバレエを学んだ生徒たちの心の中に
何かが芽を出しているのだろうな。

昨日から数か月ぶりの三連休。
窓の外に降りしきる雪を眺めながら、発表会での「コッペリア」の
台本制作。どうしたら、生徒たち一人一人を舞台で生かしてやることが
出来るのか、、、、いつものごとく試行錯誤。
無理してでも無我夢中で突っ走られる時期は、人生の中では本当に短い。
可愛い果実を実らせた生徒たちの笑顔をずっと見ていられるように、
私はまだまだ戦いたい!!


ようやく春からバレエ団の舞台に立たせてもらえると、喜んで
報告をしてくれたYURIちゃんだけど、足を怪我していまだに
トウシューズを履けずにいるらしい。
電話をしたら、どうも落ち込んでいる様子。。。
初舞台を観に行くのがプレッシャーになっているのだろうか、、、?
心配だし、手紙でも書いて励ましてやりたいところだけど、私は
手紙は苦手だ。。。YURIちゃんごめん。
こら!YURIKA!!
落ち込んでいても仕方がないのだぞ。
夢は見てるだけの方が楽しい。
夢に近づくのは楽しいことばかりじゃ無いよ。
現状を受け入れて前に進む方法を探すしか、落ち込んでいる自分を
ひっぱりあげる道はないのだぞ!!!
大丈夫。教室を飛び出したYURIちゃんが、辛いことも、感動する
ことも、全部ひっくるめて、元気に楽しくバレエを学んでいることが、
夢を追いかけているYURIちゃんに憧れている教室の後輩たちや
ママの励みになってるよ。
自分から諦めなければ必ず夢には近づくよ。
YURIちゃんが辛くてたまらないときには、帰ってこれる場所が
あるんだからね。
負けるな YURIKA
スポンサーサイト

MAIちゃんからの質問
2011年01月25日 (火) | 編集 |
   先生、、、
  バレエ教室の子供たちは、  毎日、学校もあるのに
  どうしてこんなにレッスンするんですか?
  どうしてこんなに頑張るんですか??
  何がこの子たちをこんなに駆り立てているんですか?

先週、バレエレッスンのピアニストとして勉強中のMAIKOちゃんからの質問。
この1月からバレエのレッスンも始めたMAIちゃんは、表面は美しく華やかに
見えるバレエの世界と、地味なレッスンとのギャップを感じたのか、、、
こんなことを聞いてきた。
頑張る理由は生徒それぞれに違うのだろうけど、共通するのは
みんなバレエが好きということかな。。。
何で好きなのかは理屈じゃない。

私も親からも呆れられるほど、、、
雨が降ろうが、雪が降ろうが、熱があろうが、トウシューズで足が
靴擦れだらけになろうが、レッスンだけは休まなかった。
今でも、一緒に恩師に扱かれていた友人に会うとバレエの話が尽きない。。。
とっても厳しかったけど、恩師が見せてくれたバレエの世界がとても魅力的だった。
どんなに辛いレッスンでも、先生の作品を踊っているときは楽しくてたまらなかった。
もう今から夏の発表会の練習が始まるのを、とっても楽しみにしている生徒たち、、、
MAIちゃんは初めて教室に来た時に、ここはすっごく良いエネルギーを感じると
言っていた。好きなことに向かうエネルギーは純粋で力強い。
今年の舞台も、この子たちを生き生きと、思いっきり楽しませてやれるような
生徒たちが魅力を感じる舞台を創りたい。
舞台の幕を上げるまでには練習での課題があるのは勿論だけど、日常の生活や
勉強との両立など、みんなそれぞれに乗り越えないといけない課題がでてくる。 
可愛い生徒たちの努力が報われるような舞台になりますように、、、
私もプレッシャーに負けずに頑張るぞ
神 さ ま ど う か 助 け て 下 さ い 


SAORIちゃんからのカード
ロンドンから届いた、生徒たち憧れの先輩
SAORI姉からのカード。
今、出演している公演の延長が決まったそう。
卒業生が、舞台の世界で元気に頑張っていること、
頑張っている様子を知らせてくれることが、本当に
とっても嬉しい。

宝物
2011年01月20日 (木) | 編集 |
コンクールレポート
バレコンにチャレンジした生徒達からの手紙。
可愛い生徒たちからの手紙は、とても大切な私の宝物だ。
バレエコンクールというものに初めて出場したバレエ大好きっ子たち、
自分が今できることを精一杯にやって臨んだのだから、戴いた点数よりも
自分自身の階段を一段でも上に登れたことに、自信を持つことも出来たよう。
子供たちのこんな達成感の積み重ねが、頑張る力を育ててくれる。
大きな成長のためには、悔しい経験も、喜びも、悲しみも、感動も
全てが大切な栄養素だ。

山は駆け足で登るよりも、景色や会話も楽しみつつ、ゆっくりとしっかりと
一歩ずつ確実に自分の足で登った方が良い。

新年☆
2011年01月08日 (土) | 編集 |
ラーナ先生の花2011.1.2 生徒達からの嬉しいプレゼント☆
ようやくバレコン終了やっと年が明けたことを実感。。。
遅ればせながら、、、明けましておめでとうございます

1月2日は私の誕生日。
3日からのバレコンに出場する生徒やママたちが、ケーキを用意してくれ
可愛いメッセージをくれた。とっても嬉しいプレゼント。
ラーナ先生もわざわざお花を届けに来てくれて、みんなの気持ちが本当に嬉しい。
あ り が と う 

バレエ団のお正月休みに帰省していたYURIちゃんと、後輩たちは
短い時間だけど、スタジオでまた一緒にレッスンすることができて、
お互いに励まされていたもよう。
YURIKAと仲間たち


可愛い生徒たちのバレコンは、いつものごとく皆それぞれに
健気に精一杯に頑張って、泣いたり笑ったりの5日間。
我慢強く必死に自分と戦っている子供たちを、毎日見ている先生
としては、努力に見合う御褒美をあげたくなってしまう。。。
しかし、即座に点数が表示されるバレコンでは、生徒たちは
その数字に一喜一憂。わずか1点でも足りないと先には進めない。
可愛い生徒たち!
悔しかったら、諦めずにまた頑張るしかない。
初めてのチャレンジでも思いがけず嬉しい点数を貰った子、
一歩及ばず涙を流した子、どっちも、この経験をバネと励みにして、
もっともっと自分を高めて下さいね。
バレエを学ぶということは踊りの技術だけじゃない、もっと
大切なものも一緒に学んでいるのですよ。

同級生の中で一人だけ悔しい経験を繰り返し、自信をなくしかけていた
AYAKAちゃんが、自分自身のマイナスな気持ちと必死に戦い、
その思いを舞台の上で大きなエネルギーに変え、今までに見たことが
ないほどの美しい笑顔で踊ることができた。
暴れん坊のMIーちゃんも初めての予選通過に大泣き。
予選は最高点を貰ったのに入賞は出来なかったMOMOちゃん
自分の持ってる力を全て出し切ったようで、さわやかな
顔をしていた。
子供たちの気持ちに寄り添うことで、私も毎日ささやかな
感動をもらっている。
みんなのバレコンの感想は、今年もやっぱり
楽 し かっ た だそうです。
バレコンにチャレンジした生徒たち全員が、ここまで努力してきたこと、
精一杯に心をこめて踊ったこと、ちゃんと見てますよ。
バレエ大好きっ子たちの流した涙に応えられるように、私も頑張ろう。
バレコン福岡最終日 AYAKA&MISA 金賞米
指導者奨励賞というものを戴き、立派な木箱に入ったお米を貰った
綺麗な衣裳で子供たちを飾ってくれた、友人のCHIE先生とマダムKOMACHI。
年末、指導の助っ人にカナダから来てくれたTOMOEちゃん。
皆さんに感謝


ヨッシーの成人式
バレエは卒業し、大阪の大学で法律の勉強をしている
SAORIちゃんが綺麗な着物姿を見せてくれた。

2011年 今年も可愛い生徒たちと一緒に綺麗な夢を見ていたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。