FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
発表会ゲスト来訪
2011年02月27日 (日) | 編集 |
海賊 グラン・パ・クラシック

今年の発表会は教室の25周年ということもあり、生徒たちの意識を高め、
向上心をさらに刺激するために、初めて公演と銘うって開催することにした。

今日まで、神戸から、発表会ゲストのASHIUCHI先生が来てくださり、
温かく厳しく、根気強く生徒たちを指導して下さった。
せっかくのゲスト来訪。
地方のバレエ教室の生徒にとっては、大きな学ぶチャンス。
皆で先生のレッスンと作品の指導を受けた。
夢見る可愛いバレリーナの卵ちゃんたちの心に、いつも夢をいっぱいに
与えてくれるASHIUCHI先生の存在は本当に有難い。

先生は、生徒のために作品を創ることも引き受けてくださり、
思ったよりも早くに、振付指導が進んでいった。
教室の小学高学年になる生徒たちから、高校生以上のクラスの生徒たちが
参加する作品で、《ASHIUCHI先生から見たこの教室》をメインテーマに、
各クラスの生徒それぞれのレヴェルで思いきり楽しめて、みんなが活躍
出来るようにとお願いしたのだけど、私が思っている以上に生徒達を
生き生きとさせてくれている。
一番小さい子たちは、ゲストの振付に参加するなんて初めてなのに、
ニコニコ、、、にこにこ、、、うふふ。。。
心が喜んでいることがわかる。
演技をするシーンでも自然に様になっている。
ASHIUCHI先生の才能なんだろうな。。。
バレエ大好きっ子ばかりの私の教室の、初めての公演のオープニングには
ぴったりの、とっても明るい作品。


パ・ド・ドゥにチャレンジする子や、大きな責任を与えられた子たちは
少しでも自分のバレエの世界を広げようと真剣。
ゲストの来訪は、生徒たちの意識を高め、成長のきっかけを作ってやるには、
最高のチャンスとタイミングだ。
この三日間、教室には、いつものごとく頬を紅潮させた頬笑みと涙があふれた。
どちらも生徒の向上心の表れだな。
この素朴な子供たちの一生懸命な心は、純粋で、本当に綺麗。
一生懸命な心を持った子供たちを、どうしたら舞台の上で美しく
花開かせてやれるのか、、、バレエの先生の悩みで、責任なのだ。
バレエという世界は、理不尽で過酷な実力の世界でもあるのだけど、
バレエに出会ってバレエに感動している心は、みんな尊く、
みんな平等で大切。
可愛い子たち全員の努力が報われるように支えたい。

だ け ど  
プロを目指したいと宣言した可愛い生徒たち!!
いつまでも、自分にも先生にも甘えていては、夢はどんどん遠くに
行ってしまうよ。このことも忘れないように
瞬く間に通り過ぎてしまうチャンスを見逃さないこと。

春よ来い
2011年02月25日 (金) | 編集 |
梅の花
今日は、生徒のママが玄関に梅の花を活けてくれた
明日からスタジオに来てくださる発表会のゲストを、この綺麗な
花が明るく迎えてくれる。
毎回、厳しくも楽しいバレエの世界を伝えてくれるゲストの来訪を、
バレエ大好きっ子たちは、ワクワクドキドキ楽しみにしている。
また明日から三日間、生徒たちはどんな表情を見せてくれるのか、、、
楽しみだ

これから発表会までの5ヶ月間、生徒たちは、泣いたり笑ったり
感動したり、苦しんだり、いろんな表情を見せるんだろうな。。。
こんな可愛い子たちの努力が報われるよう、本番当日が最高にHAPPYな
1日になりますように!!
8月9日今年は絶対にお天気になりますように
子供たちが張り切って踊れるように、生徒たちの視線の先に
満席の客席が見えますように
お客様が沢山いらしてくださり、頑張る生徒たちを温かな拍手で
応援して下さいますように
今、少しだけバレエを我慢して、受験に向かっている可愛い子たちに、
明るい春が来ますように
神 さ ま ど う か お 願 い 致 し ま す 


発表会の準備
2011年02月21日 (月) | 編集 |
可愛い子たちの笑顔
こんな子供たちの笑顔が私の元気のもと☆
今年の発表会の準備も、教室のお母様方の御蔭で少しずつ進んでいる。
本当にありがたい!!
現在は、受験に向かって頑張っている子もいるため、「コッペリア」も
マズルカや時のワルツなど、先ずはちびっ子や群舞のパートから創作中。
寒い日でもスタジオは熱気ムンムン
子供たちが直ぐにエアコンを消し窓を開けるため、先生はとっても
寒いのだけど、、、
私が創った踊りをニコニコ笑顔で踊る子たちを見ていると、心は
ぽかぽか暖かくなってくる

喫茶しおん
2011年02月14日 (月) | 編集 |
宗像市東郷駅の前に《しおん》という喫茶店があり、
このお店のお姉さんは人が良すぎるほど良い人で、いつも何かしら
知り合いの方が持ち込む手作りの作品を、お店のテーブルを
ひとつ潰して販売している。
今日、宗像に行く用事があり久しぶりに寄ったら、またまた
こんな可愛い作品が飾ってあった。
ミニさげもん
福岡柳川では、女の子の健やかな成長を願って、「さげもん」
と呼ばれるものを飾る風習があるそう。

その帰り、信号待ちをしているときに、車の前を小さな傘が
よたよたと横切って行った。
4~5歳くらいの小さな子が、妹か弟かお友達かわからないけど、
これまた小さな子供と一緒に、雨に濡れないように一つの
傘に寄り添って、ときどき傘を落としては、小さい子の肩を
抱き、大きい子が小さい子をかばいながら信号近くの
マンションの入口に向かって歩いて行った。
こんな健気な姿を見ると、無条件に頬と涙腺が緩んでしまう。。。

可愛い天使ちゃんたちへ
2011年02月12日 (土) | 編集 |
天使
アシスタントが指導している、教室の一番小さいバレリーナの卵ちゃんクラス。
私にとっては、癒される可愛い天使ちゃん達なのだけど、、、
アシスタントちゃんにとっては、ときにデビルにも変身するようだ
まだ私のことも、どんな存在なのかも分かってないようで、私が
スタジオに入ると抱きついてくる。
ときどき顔を見せる、優しいオバちゃんくらいにしか思っていないのだろう。。。

ちびっ子は、とっても賢い知能犯だ。
どこまで自分の行動が許されるのか、大人を試してくるときがある。
今日も、全く言うことをきかずアシスタントちゃんを困らせている
ちびっ子を発見!
自分はここに何をしに来ているのか、今は何をしている時間なのか
ちびっ子に言い聞かせ、お約束を破るとお尻をパチンするよ!良いですか?!
と聞く。 「良いよ」と返事したのに、やっぱり床に座り込む。
「よし!お約束だからね」と、お尻をバチンと叩いてやると、
びえ~~ん 大きな声で泣きだした。
でも、泣きながらでもレッスンをしようとしてる。
上手に出来るかどうかよりも、少しでも頑張れたときには
めちゃくちゃ褒めちぎる。

あなたたちがバレエを習いに来て、バレエが踊れるようになりたいと
ここに来ているのだから、アシスタント先生もYUKIKO先生も
あなたたちが自信を持って踊れるように、いっぱいの愛情を注いで
精一杯に教えますよ。
習う生徒の本気の学ぶ姿勢がないと、バレエは身につかないけど、
教える先生の本気の愛情も無いと、生徒を育ててやることは出来ない。
学ぶ姿勢を、可愛い天使ちゃんたちにも根気強く伝え続けるしかない。
生真面目なアシスタントは、一生懸命にバレエを伝えようと頑張るあまり、
頑張りすぎて、、、涙目になっていた。
ちびっ子は簡単には言うことをきかないのが当たり前だし、大人の
思い通りに動いてくれないのが当たり前なのだ。
ゆっくりじっくり時間をかけて、気持ちを通わせるしかないよ。
アシスタントちゃんたちが誠実に努力していること、きっと
ママたちも理解してくれてるよ。
先生も、もっともっと教室のママ達やみんなに信頼されるように
頑張りますからね自分が信じてることを安心して実行しなさいね。
ガ ン バ レ 可愛いアシスタント 


こら!可愛いデビルちゃんたち   
貴方たちのこと、YUKIKO先生は可愛くてたまりませんが、
アシスタント先生も、貴方たちの年齢の頃からずっと大切に育ててきた、
可愛くてたまらない生徒ちゃんなんだからね!!
困らせたら ユ ル シ マ セ ン ヨ 

発表会の練習スタート
2011年02月06日 (日) | 編集 |
スタートライン
この写真は、25年前、恩師の下を離れて自分の教室の生徒だけで
初めて参加させていただいたイベントのときのもの。
当時のご父兄がくれた、一枚しかない宝物だ。
初めて自分で子供たちのために振付をして、指導をして、
恩師に衣裳も音楽も貸していただいて、やっと30分程の
演目を子供たちと一緒に完成させた。
私のバレエ教室の原点だ。
舞台が終わって見せてくれた、生徒たちの嬉しそうな顔が忘れられない。
もっともっと、こんな子供たちの喜びいっぱいの笑顔が見たい!
そんな気持ちだけでここまで来てしまった。

今日から、夏の公演の練習開始。
みんなが楽しみにしている「コッペリア」の中の、それぞれの踊りに
考えているステップを練習。その後、、、
  「よし!今日だけは皆で主役の気持ちになってスワニルダの
             ヴァリエーションを練習しよう☆」
初めは、みんな「なんで」みたいな顔をしていたのだけど、、、
レッスンが終わっても、後輩ちゃんたちもなかなか帰らず、皆で
楽しそうにスワニルダのソロを自主練習
やっぱり、舞台はみんなで創っていくものだ。
きっと、スワニルダの感情や心の動きに対しての、周りの子達の
反応が、作品をもっと楽しいものにしてくれるだろうな。。
今年もこの子たちの《楽しくて楽しくてたまらない》という顔が見たい。


今も夜中にパソコンに向かってコッペリアの台本制作。
もっと早くに仕上げる予定だったのだけど、やっぱり
出演メンバーが決まり、ステップの練習を始めて、子供たちの
反応を見ながらじゃないと創れない。。。
主役や大きな役を貰った子たちは、大きな自分の責任にも負けずに、
最後までやり遂げようという、強い意志が見える。
頑張るこの子たちの原点は、奇声をあげたくなるほど楽しんで、
皆で発表会の練習を積み重ねてきた日々にあると思う。
こんなエネルギーを育ててやることが、先生の責任でもあるのだけど、
可愛い笑顔が見れる、先生としての楽しみでもあるのだ

もっともっとと頑張っていると、逆に生徒やママたちからの
期待に応えられるのかと、不安にもなるのだけど、、、
そんな時は、「大丈夫さ。小さなことなんて気にするな~~。」と、
我が家の大将。。。
窓辺の大将 花すずかさんのアレンジ
大将の隣の写真は、スタジオ近くの「花すずか」というお花屋さんが
アレンジしてくれた造花。殺風景なリビングが華やかになった。
綺麗なものを見ると、元気になれる。
今年も可愛い生徒たちの笑顔を夢見て ガ ン バ ル ゾ 

受験生
2011年02月03日 (木) | 編集 |
教室には今年も沢山の受験生がいて、明日が私立高校の
入試だそうだ。受験直前でもレッスンに来ている子たちも、
さすがに今日だけは全員欠席。
この時間も、まだ机に向かって勉強をしているのだろう。

 可愛い頑張り屋さんのみんな!
発表会やコンクールのときのように、心も頭も柔軟にして、落ち着いて、

   フ  ァ  イ  ト だ 

何にもしてやれないけれど、無事にみんなのところに
明るい春が訪れますように手を合わせて祈っているからね。



今日はアシスタントのHARUちゃん先生が、成人式の後撮り
とのことで、素敵な着物姿を見せにスタジオに来てくれた。
小学校の低学年の時に出会って、今年、二十歳。
13年も私の傍に居る可愛い子だ
HARUちゃんの着物姿
沢山の子に出会って、一緒に笑って、一緒に悩んで、一緒に感動して、
巣立つ背中を見送って、、、、
ずっと、こんな繰り返しだけど、沢山の出会いに、バレエの先生のほうも
学び、成長させて貰っているのです。。。