FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
発表会のあと。。
2013年07月27日 (土) | 編集 |
今日はスタジオ近くの《ラ・フランス》という
ケーキ屋さんに行ったら、まるで、生徒たちが
創った「素敵な贈り物」がケーキになったような
可愛いお菓子をみつけた。一目惚れ。。
観客や、後輩や仲間たちのために精一杯に
尽くした、4人のアシスタント先生への
ご褒美に買って帰った。
ラ・フランスのケーキ
20130726ラ・フランス


発表会の後は開演前以上に、やることが山積み。
たくさんの支えて下さる皆さんのお陰で、私は、
可愛くてたまらない生徒たちに、のびのびと
自分を表現できる機会を作ってやれる。

神様は乗りこえられない試練は、人には
与えられないそうだ。
どんなに辛いことでも、必ず乗りこえてやる!と
自分の心がエネルギーを生み出す力を持てば、
本当に乗りこえられるのかもしれない。
そう信じて先に進んでいきたい。
負けないぞ!!

有難うございました!!
2013年07月25日 (木) | 編集 |
《バレエ教室だより》にコメント下さった
可愛いちびっこちゃんママへ
とっても嬉しいメッセージ、本当に有難うございました!
でも、、コメントへの返信のやり方が判らず(−_−;)
ここに書かせて頂きます。

発表会楽しかった。
涙でたと言って下さったこと、本当に嬉しかった
私の方が涙でました


皆さんの御理解と御協力のお陰で、発表会が活気ある
楽しいものとなりました。
本当に有難うございました。
また、日頃の稽古の積み重ねを大切に、可愛い生徒達と
一緒に、前に進んで行きたいと思います。
これからも、アシスタントの若先生ともども、
よろしくお願い致します。

YUKIKO


素敵な贈り物
2013年07月24日 (水) | 編集 |
福岡空港
昨日と今日は、発表会にご協力くださった
お客様を空港にお見送り。

お一人は、とっても厳しいけど、とっても
温かな先生。
先生のエネルギーは、とにかくスゴイ!
搭乗時間までの数時間、たくさんの話を
してくれた。
目の前に居る、悩めるバレエ少女たちのために、
これから教室はどう前に進んだら良いのか、、、
悩み、模索中の私には、バレエを通して世界の
文化や教育、生活風景を見てこられた知識豊富な
先生の話は強烈に刺激的で、たくさんのヒントを
与えてもらった。

もう一人は、ここ数年、発表会のサポートを
してくれているTOMOEちゃん。
カナダでバレエの先生をしている、とっても
素敵な人。
この2日間、コンクールに出場する子たちの
指導をしてくれてた。
終演後の雑務に追われる私は、安心して
彼女に生徒を任せることができる。


ホントに、、夢を叶える階段は、多くの
良い出会いから出来ているのだなと思う。。

長くバレエを続けてきた子たち。
舞台は個人のワガママは絶対に通用しないと
いうことは分かっていると思うのだけど、
消極的な遠慮も一切通用しないということも
知ってるかな、、、?!



素敵な贈り物
可愛い子たちからの《素敵な贈り物》

みんなで頑張った一日。
2013年07月21日 (日) | 編集 |
7月21日 
生徒たちの熱い一日が終わった。。

パ・ド・トロワ 白鳥の湖パ・ド・トロワ
SHIGE王子とSUZUちゃんとRIRIちゃん。
つい最近まで赤ちゃんみたいな子だったのに、、
涙腺が緩みそうになった。

アラビア ちびっ子たちのアラビア
天使ちゃんたちのセクシーダンス。
可愛すぎてメロメロだ~~

Girls Girls
教室の卒業生めぐみちゃんが創ってくれた作品。
めぐちゃんは、笑顔が可愛い高校生の等身大の
乙女心を描いてくれた。
最後には、わんぱく4人組が乱入。。

パキータ パキータ
今年はゲストの先生に頼らず、教室の生徒だけで
演じたパキータ。
一人一人は、まだまだ幼くて拙いのだけど、
全員で力を合わせて、もの凄い迫力を
見せてくれた。
パートナーSHIGEを信じて、何があっても
動じない姿勢で、静かに、甘えず、諦めず、
確実に、日々前進していたKOHARUちゃん。
彼女の気迫に、みんなが良い方向に引っ張られていた。
涙が出るほどに感動した。


生徒たちが創った作品「素敵な贈り物」
素敵な贈り物family Family
温かな家族を演じてくれた4人。

素敵な贈り物 邪悪なこうもり 邪悪なこうもり
最上級生たちは脇役に徹してくれた。

素敵な贈り物 てんとう虫 てんとう虫
そこに居るだけで、、もう可愛いくてたまらない。

素敵な贈り物 花の王国 花の王国
制作した子たちが一番最初に創ったシーン。



未来を夢みて大人の扉の前に立っている子たち。
作品制作をしたこの子たちは、今までにない
経験をして、何を感じてくれたのかな、、、
なんにも無いただの四角い空間に、夢の世界を
創りだすこと、そう簡単なことでは無かったでしょう?

数十年やっていても、やっぱり今日も、私は
反省することだらけ。。
みんなの笑顔を楽しみに、また次の舞台に向かって
明日から一歩前進できるようにしたいな。

あっという間に、、、明日は発表会だ☆
2013年07月20日 (土) | 編集 |
ゲネプロ
早くも今日はゲネプロ。
今年も、出演者みんなで力を合わせて、精一杯に
練習と準備を積み重ねてきた舞台だ。
初めて作品創りにチャレンジした上級生さんたち。
プレッシャーを与えられ、初めて大きな役に
果敢にチャレンジしている子たち。
参加するみんなを大切に思って、責任を感じて、
毎日、毎日、夜遅くまで準備してきた
アシスタントさんたち。
悩んで、苦しんで、、泣いたり、笑ったり、、。。
いろいろ大変だったけど、先生の叱咤激励にも素直に
応えてくれて、ここまでよく頑張りました。
みんなで力を合わせて、温かで可愛い作品が
できあがりましたね

明日は必ずうまくいくよ。
みんな心を開放して、踊れる今を、思いっきり
楽しんでくださいね。


アシスタントさん奮闘中。
第三部「素敵な贈り物」
上級生さんたちの役柄は邪悪なコウモリ。
アシスタント一年生さんたち、コウモリ姿で初めての
場当たり指導に奮闘中。

舞台スタッフさんも、教室のママたちも、生徒に
制作を学ばせていることを理解し、応援してくださり、
きっとハラハラ心配されたことと思うのだけど、、
温かなサポートをしてくれた。
本当に有難うございました。

直前・・・
2013年07月19日 (金) | 編集 |
またまた あっ という間に時は過ぎ、、、
明日は、発表会前にスタジオで思いっきりレッスンが
出来る最後の日。
自信を持って舞台本番に臨めるように、出演する
生徒たちが自分自身と向き合う日だ。
明後日はもうゲネプロ。。
私は、可愛い生徒たちの様子を見ながら、本番までに
どんなサポートが必要なのか、、
考えることができる一日なのだ。


発表会に出演する全員で創った第三部の作品は、
思いやりと勇気と愛情がテーマのようだ。
10年間みんなで苦しみも喜びも分けあい、みんなで
力を合わせて舞台を創り上げることに、大きな感動を
おぼえてきた子供たちの、一生懸命で綺麗な気持ちが、
ご来場のお客様にも伝わると良いな。

今日の訪問者☆
2013年07月15日 (月) | 編集 |
今日は、地元の新聞社の方が
生徒たちが創った作品を取材に来てくれた。


昨日、舞台監督さんに照明や音のキッカケなど、
作品を表現するために自分たちが考えたことを伝えて、
ようやく暗かったトンネルの先に光を感じたようで、
制作者さんたちの顔に、今日やっとゆとりが見えた。

第三部「素敵な贈り物」
みんなの気持ちがひとつになった。
舞台は、制作者と出演者、陰で支えてくださる
皆さんの気持ちが、同じ目標に向かってひとつに
ならないと大きな感動は得られない。
制作の中心になっている子たちの、一生懸命な
気持ちがみんなに伝わり、自然に輪ができたよう。。

みんなで力を合わせてゴールを目指したこと、
最後まで諦めずに仕上げたこと、全てが
みんなの自信につながるとイイナ。
まだまだ発展途上人なのだから、立派なことは
出来なくても良いから、今の自分にできることを、
精一杯に体当たりでやればいいのさ。
こうやって、みんなで力を合わせて舞台を作り上げる
ことを一番大切なことと感じてくれている、私の
可愛い生徒たち。
みんなの気持ちが、取材して下さった記者の方にも
伝わっていると良いな。。

与えた大きな課題に果敢に挑んでいる上級生や、
お姉さんたちに一生懸命について行っている、
ちびっ子ちゃんの可愛い姿、支えてくださった
皆さんの笑顔も見れて、今日、すでに私は目頭
が熱くなってしまった
もうすぐ今年の発表会もゴールが目の前。
みんなの笑顔が輝きますように、、
あともう少し頑張らなければ



もう一人、今日は嬉しい訪問者。
25年ほどの長い付き合いの、可愛い子が
会いに来てくれた。
自分のターニングポイントには、この居場所に戻ってきて
充電して、また飛び立っていく子だ。
また発表会の日には、たくさんの可愛い子たちに会える

作品制作
2013年07月13日 (土) | 編集 |
今年も あっ と言う間に時が過ぎ、、、
夏の発表会まで残り1週間となってしまった。。

先日、舞台監督さんに発表会の通し稽古を見ていただいた
のだけど、生徒制作の第三部「素敵な贈り物」を
サポートするのに、舞監さんも私も少々不安が残って
しまい、本番前にもう一度、稽古を見に来て
いただくことになった。
明日は、みんなの想いをサポートして下さる舞台監督さんに、
しっかりと伝えることができますように。。
ガンバレ可愛い子たち


アシスタントさんはじめ上級生たちが、みんなで
悩み、苦しみ、力を合わせて創った作品。
みんなで話し合って決めた作品タイトルは
 「素敵な贈り物」
可愛い子たちが初めて創った作品は、思いやりや優しさ、
勇気、愛情がテーマになっているようだ。
後輩やちびっ子ちゃんたちにも、この上級生たちが
バレエを通して心の中に育んできたものや、この子たちが
美しいと感じているのは、一人が目立つことよりも、
アンサンブルを大切にした、みんなの力で創り上げる
達成感や感動だということが、伝わりますようにと
願うばかりだ。



夢は語っているだけのときが一番楽しいもの。
叶えようと一歩踏み出したとたん、かなり厳しい
現実の高い壁が、目の前にど~~んとそびえ立つ。。
壁を乗り越えるには一人の力では限界がある。
プライドは無くしちゃいけないけど、
くだらないプライドに縛られてしまっては、
自分が先に進めなくなってしまうよ。
可愛い子たち
今まで、見えているようで見えていないことが
たくさんあったこと、作品を創るという経験を通して、
少しは気づいてくれたかな??
みんなのなりたい未来に近づけるように、今が
修業の時ですね。


夢を叶えるということは、たくさんの人のお力を
お借りするものなのだ。
傍にいる人や手を貸してくれる人のことが、
見えていないといけないのだぞ。
周りで助けて下さる方にも、準備から楽しんで
もらえるように、本当に難しいことなのだけど、
時間や、準備の優先順位も考えていかないと
いけないのだぞ。
そうでないと、ただの自己満足になってしまっては、
舞台の喜びもちょっと小さくなってしまうよ。
バレエを一生の仕事にしたいと、未来を夢みる
可愛い子たちは、今回の経験を通して、
どんなことを学んでくれたかな、、、??

田畑友季絵ちゃん
2013年07月08日 (月) | 編集 |
卒業生 田畑友季絵ちゃんの手紙
卒業生さんたちに送った、発表会の案内の中に
友季絵ちゃんから預かっていた、大切な手紙を
入れ忘れてしまった
「バレエ教室だより」を見てくれてる卒業生さんたち、
友季絵ちゃんを応援してあげてね

2013年07月07日 (日) | 編集 |
20130707おだんご頭の向こうに虹が出た。
今日の通し稽古のあと
スタジオの前に、とっても綺麗な虹がかかった。
みんなで力を合わせて頑張っている、可愛いくてたまらない
生徒たちや、衣裳のお世話をしてくださるママたち、
初めて舞台の制作側として発表会に携わることになり、懸命に
それぞれの責任を果たそうと奮闘している若先生たちを、
この綺麗な虹が優しく励ましてくれているようだった。

綺麗な虹がかかった。
今年の発表会も、私の大切な人たちの笑顔が輝く
舞台になりますように。