バレエ教室のささやかな出来事
毎日が感動なのですヽ(´▽`)/
2014年11月30日 (日) | 編集 |
新スタジオ
今日は、新しいスタジオの覆いが取られた
。o○゚+。 感動 ☆.。.:*・゜ 

大きな病院などを設計されている先生が、
こだわりにこだわって建てて下さっている、
とっても素敵なスタジオなのです。
完成予定は12月27日。
28日はお引越し。
お引越しが済んだら、今のスタジオは一週間も待たず、
直ぐに取り壊されるそうです。。
可愛い子たちとの出会いをくれたスタジオです。
生徒たちとの思い出がたくさん詰まったスタジオが
無くなるのは、身を切られるように寂しいけど、、
未来を夢見ている生徒たちと一緒に、
またさらに大きな夢を見て、走り続けねば。。



私の天使ちゃんたち♡
今日も可愛い子との出会いがあった。
私の可愛い天使ちゃんたち、3年後、5年後は
どんな素敵な女の子に成長しているのかな。。


レポート
今日とっても嬉しかったこと
先日、イギリスの先生のワークショップを受けに行った
中学生たちが、レッスンで感じたことを文章にしてくれた。
みんな、共通して書いていることは ”基礎の大切さ”
あまり難しいことはせず、いつものレッスンで注意されて
いることばかりだったのだそう。
基礎習得は地味で、とっても根気がいるものだけど、
バレエの基礎はすべてのダンスの基礎だから、この
土台がしっかりしてると、どんな踊りも表現の幅が
広がってくるのです。

むかし恩師が、『バレエは世界共通の言葉と同じなの』と、
よく話してくれていた。
『バレエは言葉の壁も越えられることも知りました。』
生徒の手紙の中に、こんな言葉があって、、
なんだか、とっても嬉しかった。
可愛くてたまらない子たちから、毎日、小さな感動を
もらっているのです

未来を夢見て、精一杯に頑張っている子たち。
この子たちの努力が報われ、身につけたものを
発揮できる場所がたくさん増えますように。。

福津の妖精☆.。.:*・゜
2014年11月24日 (月) | 編集 |

23日(日曜日)
福岡県内の各市で開催されているとの
「福岡県民文化祭芸術文化のつどい」が、今年は
福津市文化会館カメリアホールで開催された。
今年福津市は市政10周年を迎える。
演出をされている日舞の先生が特別な事をしたいと
元気いっぱいに飛び回って、朝9時から始まった
文化祭を取りまとめられたそう。
すごいパワー。

1週間前に、舞台衣裳を着たバレエの子供たちに
フィナーレに参加して、舞台に華を添えて欲しいと
言われ、、この日は朝からバレエコンクールの
特訓中だった生徒たちを連れて参加することに。。

みんな頑張りました。

出番前


プラカードも作ってくれとのことで、急遽、
MAIKO先生とKOHARU先生が可愛いプラカードを
作ってくれた。
福津の妖精


いったい何が起こるのか分らず、生徒たちは目が点。。
フィナーレはよさこい総踊り。
元気いっぱいパワフルな御年配の方に混じって、
初めてのパチパチを握って、ちょっと不釣合いな
バレエ衣裳姿の子供たち。
生徒たちは《福津の妖精》と紹介された



バレエの衣裳で よさこい??
と思ったのだけど、、とにかくどんな経験も
プラスに働くようにするにはサポート次第。
舞台に華を添えて、フィナーレを盛り上げて欲しいとの
依頼に応えられるように、子供たちにあーしてこーしてと
指示は出したものの、、ゲネで見たのと立ち位置やら
なにやら違っていて、健気で真面目な生徒たちは
ただ戸惑うばかり。。
本気で観客を魅了するプロになりたいなら、
仲間の様子を伺い、消極的に自分を隠しては
ダメなのです。

可愛い生徒も頑張り屋のアシスタントさんも
反応は、、
  先生、、そんなこと言ったって~゚(゚´Д`゚)゚
ま、、そりゃそうだ。。
この日の課題でした


夜は母校のOB会のお手伝い。
忙しくも楽しい一日だったのです。

バレエ教室の28年
2014年11月20日 (木) | 編集 |
もうすぐ新しいスタジオが出来上がります。

20141119スタジオ

23年前、教室を持ってから5年目、
瞳輝かせて毎日レッスンに通ってくる生徒たちの
夢見る心に励まされ、毎日がただただ必死で、
ゆとりもなく過ごしているとき、、オーナーご夫妻から、
「一生の仕事にする覚悟はありますか?」
と、尋ねられ、「頑張ります!!」と、ありきたりな
返事しかできなかったのだけど、、、
この場所に、生徒たちをのびのびと育ててやれる
スタジオを建ててくださった。。

そのスタジオが福津市の道路拡張計画にかかり、
取り壊されることになり、未来を夢見る子供たちが
休むことなく稽古を続けられるように、同じ敷地内に
新しいスタジオを建ててくださっているのです。

ご恩返しなんて一生かかっても簡単にはできない
のだけど、とにかく今の自分に出来ることを
精一杯に実行して、応援してくださる方に
応えられるように一生懸命に頑張ることしか
できないのです。


28年前、自分の教室の名前をつけるとき、
誰が教えてるかもわからないような名前ではなく、
個人の教室として、生徒たち一人ひとりを大切に
育てることに責任があると、自分に言い聞かせるため、
少々時代おくれな教室名なのだけど、、
名前を、『加藤由紀子バレエ教室』とした。
こんな気持ちをずっと持ち続ける!!
どれだけ時が過ぎても、私の変わらない
根っこでありたいのです。




20141119ツリー 
毎年、子供たちが飾りつけを楽しみにしてる
クリスマスツリーです。

20141119思い出

20141119雪だるま
みんなを癒してくれる雪だるま。

20141119大好きな眺め
生徒たちの写真を見ながら階段を上がる。
大好きな眺めです。


頑張る生徒たちの努力と涙をずっと見守ってくれて、
優しく励ましてくれた教室のクリスマスツリーです。
12月23日は、子供たちの思い出がたくさん詰まった
今のスタジオでできる最後の、教室恒例のクリスマス会。
クリスマス会が終わったら、数週間後には
スタジオは取り壊されます。
たくさんの卒業生さんも集まってくれると良いな。。

先日は、20年くらい前に教室を卒業した
可愛い子が、私に会いに来てくれた。
本当に嬉しかった

バレエ教室のXmasツリー
2014年11月08日 (土) | 編集 |
今年はいつもより早くXmasツリーを
飾ることにした。

20141107ツリー1
20141107ツリー2

20年くらい前に、我が家に遊びに来る
子どもたちを喜ばせようと買ったXmasツリー。
そのうち、クリスマス会をスタジオで開くようになって、
ツリーもスタジオに持ってきて、毎年末のお楽しみ
イベントになって行ったのです

ツリーに飾るオーナメントやイルミネーションも、
少しずつ増えて、生徒たち皆んな、ツリーを飾るのを
楽しみにしています。
教室のXmasツリーは、もう触ると葉がポロポロと
落ちるくらいに古くなってしまったけど、ずっと長い間、
バレエ大好き娘たちや受験生さんたち、お正月のバレコン
チャレンジャーさんたちの奮闘ぶりを、優しく、静かに
見守ってくれているのです。

建設中の新しいスタジオは、バレリーナの
ステンドグラスが入り、バーを固定する金具は
鉄のアーティストの作品。
天井も高くとっても素敵。
バレエ大好き娘たちは夢膨らませています。
でも、新しいスタジオが出来上がったら、生徒たち
との思い出がたくさん詰まった今のスタジオは
取り壊されてしまうのです。
今年のクリスマス会は、本当に特別な一日になりそうです。

大我と小我☆
2014年11月01日 (土) | 編集 |
私のバレエ教室には、とっても素敵な
スタッフさんがいます

201408体験レッスンMaiちゃん
穏やかで優しい笑顔の裏側に、力強い情熱を
秘めているバレエピアニストのMAIKO先生。

大病を克服して生き生きと人生を楽しんでいる、
バレエ大好き生徒たちを見守ってくれてる
スタジオ事務所の主、マドンナISHIBASI嬢。

幼児の頃からずっと私の傍で、頼もしい成長の
姿を見せてくれている、誠実で芯の強い
アシスタント先生のKOHARUちゃん。

どんな体型の子でも、その子の長所を生かし、
美しいバレリーナに見えるようにして欲しい!!
という、私の超無理難題を即座に形にしてくれる、
衣裳制作担当のマダムKOMACHI。

恩師に扱かれて泣いてばかりだった小娘の頃からの
戦友のような友人CHIE先生。

巣立った後,、様々な苦難を乗り越えプロの
ダンサーを経て、また古巣に戻ってきてくれて、
私の可愛くてたまらないバレエ大好き娘たちに
夢を与えてくれるMEGUMIちゃん。

生まれ育った国も違うし、ただの言葉では
理解できないことも多いけど、同じバレエの世界で
生きてきたことでは理解し合える可愛い子Weiting。

夢を叶える階段の途中で出逢った人たちは、
本当にとっても素敵な人たちなのです。


ハロウィーンの夜、こんな素敵なみんなとワイワイと
未来について語り合っているとき、MAIKO先生が
こんな言葉を教えてくれた。
  『タイガとショウガ、、』
仏教の教えなのだそう。
意味を調べてみたら、こんな記事をみつけた。

仏教には大我と小我という言葉があります。
小我とは井の中の蛙のように大きな世界を
知らずに、自分の小さな世界で自分のこと
だけを考えている人のことです。
大我とは大きな世界の中で自分の存在を
考えられる人のことです。
大きな世界で生きようとするからこそ、自分の
役割と居場所を作ることができます。
坊主のブログ


MAIKOちゃん♡
一緒に大きな夢を見ている、とっても素敵な
スタッフさんなのです
夢を叶える階段の途中で出逢ったたくさんの
人たちに感謝して、大我を目指したい☆