FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
「ハッピーバースデー」
2016年09月13日 (火) | 編集 |
演劇集団フリーダムさんのミュージカル
「ハッピーバースデー」
~命かがやく瞬間~
ハッピーバースディ

アスカという女の子の心の葛藤と成長を軸に、
いじめ、教育、子供の居場所、心の居場所、
肉親も含めて心を素直に伝えることの難しさ、
愛情の悲しいすれ違い、、
などがテーマの作品。

開演前はスマホでゲームしていた男の子が、
いつの間にかTシャツで顔を隠して
涙を拭いていた。
周りの観客からも鼻をすする音。。
恥ずかしながら、、私も。
人の温もりを感じる演出。
さすが!!坂口先生&しおん先生。
舞台は、同じテーマの作品でも、
創る人によって、伝える人によって、
まったく違うものになってしまうのです。

出演者は、バレエ教室にもレッスンに来ている
3人の他、プロではない小学生からアマチュアの
大人の方々。
踊りも歌も演技も完璧ではないけど、みんな
一生懸命に自分の役に取り組んで健気に
作品のテーマを伝えようとしていた。
純粋に綺麗な気持ちで、何かに立ち向かう姿は
本当に感動的なのです。
やっぱり舞台って良いなと思った
人間同士の心が通い合い、言葉は交わさなくても
同じ空間で感動を共有できる場所だから。

何年か後には、今まで人間がやっていた
仕事を機械がするようになって、たくさんの
職業が無くなると言われているそう。
昨日、友達が教えてくれた。
だけど、やっぱり人と心を通わせて、会話して、
人と触れ合える方がずっと良い。

むなかた三女神記
10月16日は、坂口先生演出の
「むなかた三女神記」
バレエ教室の生徒たちも出演させて
いただきます。
今年で5年目の参加です。

ミュージカル
フリーダムさん
坂口先生主宰
演劇集団フリーダムさん

虹
月曜日のレッスンのあと、日が暮れるちょっと前、
福岡に向かって走ってたら綺麗な虹が架かってた。
急いで車を止めてパチリ
神様が与えてくれた心の栄養。
感動
美しいものも、機械でいつでも見れるように
なったりしたら、きっと、感動なんて言葉も
無くなってしまうんだろうな。。
可愛くてたまらない生徒たちの未来は、
感動と温かなぬくもりに包まれていますように。

発表会のあと☆
2016年09月03日 (土) | 編集 |
生徒たちが待ちに待っていた、発表会の
写真とDVDの見本が届いた
2016発表会写真2
これは昼の部終演後かな。

2016発表会写真3
こっちは夜の部終演後の様子。
練習では精一杯に頑張り尽くして、
本番のこの日は、自信とプライドを持って
楽しみ尽くす。
仲間たちと、今、この瞬間を生きてる喜びを
分かち合ってこの笑顔と涙。。
この姿、この笑顔が見れることが、
レッスンが終わって、夜な夜な地味~に
発表会の準備をしていた私にとっても、
最高に幸せな瞬間。。

2016発表会写真1
主役さんも、ソリストさんも、群舞さんも、
楽しい~と叫んでいた、小さなねずみちゃんの
ひとりひとりも、どの子も、どの役も、み~んな大切。
だから、自分の役割に責任を持って、最後まで
頑張るのです。
こうやって、仲間の成長も自分の成長も
喜びあえる子たちは、大人になっても
小我に陥らず、大我を目指すように
なるみたいです。

2016発表会写真DVD
発表会のDVD。
撮影してくださった皆さま。
本当に有難うございました

ピルエット
発表会の前は、レッスンが始まってすぐに
おしっことか、、喉が渇いた~と言っては
稽古を逃げ出していたちびっ子ちゃんが、
発表会が終わってから表情が変わった。
ちょっと辛いレッスンでも、頑張ることを
楽しんでいるよう。

3歳の天使ちゃん
5分と集中が持たない3歳児ちゃんも
お姉ちゃんと一緒に、最後までレッスン
できるようになりました
やっぱり感動は大きなエネルギーの源なのです。


発表会終演後、生徒やママたちに
客席に集まってもらって挨拶。
皆さま、本当に有難うございました。

先ずは、舞台スタッフさんやお世話になった
ゲストの先生方に皆んなでお礼を言って、
生徒たちは、素直に自分のママにありがとう。
人前で喋ることが苦手な私は、何を言ったんだか
忘れてたけど、、DVDを見たら、あ~恥ずかしい。。


どんなに頑張っても猫はライオンには
なれないのです。
だけど、自分が成長することを初めから
諦めてしまっては、自分の人生楽しくない。
いつも今の自分に出来ることを精一杯。
受けた御恩は、応援してくださった方に
喜んでいただけるようなこと考えて、
全身全霊で返す努力をする。
舞台人としてサービス精神を持って観客に尽くす。
仕事人として人に尽くす。
子供の頃からバレエや舞台のスタッフさん
から学んだこと。
これが全ての原動力になったのです。
自分の周りの人の喜ぶ顔、楽しそうな顔、
幸せそうな顔が見れたら、あ~今まで
頑張ってきてよかったな~とか、
生きてて幸せ~とか、たくさん感じることが
出来たのです。
こんなこと言ってたみたいデス


とにかく、30年はとっても長かったけど、
とっても短く感じたのです。。
これからも、目の前にいる生徒たちに夢中になって、
死ぬまで青春いたします