FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
『けがとケアについて』講習
2018年02月25日 (日) | 編集 |
今日は『けがとケア』に
ついての講習の日。

20180224WS1

院長先生が、前もって今日のお話しの内容を
プリントにして届けて下さっていたので、
初めて自分の身体に向き合った小学生にも、
ママたちにも、とっても分かり易かったと
思います。

お忙しい中、プリント作りは大変な手間
だったと思うのですが、この手間を惜しまず、
夢見る子供達のために力を貸して下さった
ことが、本当に有り難かった。

20180224WS3

実は、桑原整形外科医院二代目の
院長先生は、私の最初の生徒で、
このバレエ教室の子供たちの大先輩であり、
生徒のママ。
また最近はレッスンも再開し、バレエを
知っているからこそのアドバイスもして
くれました。
講習の内容は、ケガを予防するために
日頃から実践できるストレッチや筋トレ、
ケガをした時の対処の方法など。
とっても分かりやすく話してくれました。

20180224WS2

講習の終わりには、希望者に、
症状に合わせたテーピングのやり方を
丁寧に指導してくれました。

参加した生徒やママたちは、身を乗り出して
話しを聞いて、熱心にメモも取っていた。
予定の時間を大幅に過ぎても、生徒たちに
真正面から向かい合って、未来を夢見る
一人一人の質問に温かく答えてくれた。

テーピングは、ただの自己流ではテープで
被れた皮膚が痛いだけで意味が無い。
自分で出来るようになるまで、専門家の
指導が絶対に必要だと思う。

ケガをすると全くレッスン出来ないと勘違いして、
今まで身に付けた感覚が消えそうで怖くて、痛いと
言わない子もいるのだけど、、

ケガをしたところに負担を掛けなければ、出来る
動きもたくさんある。
足を怪我したなら、その機会に上半身の
ポジションの確認や体幹を鍛える時間が出来る。

初期に適切な治療を受ければ治りも早いのに、
ケガしてから時間が経ってしまうと、レッスン
完全復帰までに長い時間がかかる場合が多い。

痛みを感じたら、初期の時に信頼できる
整形外科の先生に診てもらって、適切な
指導をしてもらいながら、自分の身体と
向き合う事も大切な未来のためのレッスン
なんだと、今日は皆んな分かってくれたと
思います。


院長の智子先生
理学療法士の諸富先生
今日は、本当に有難うございました

スペシャルな日
2018年02月18日 (日) | 編集 |
2月24日(土曜日)14:30〜15:30
スタジオ近くの整形外科の院長先生と
理学療法士の先生が、未来を夢見る
バレエ大好きっ子たちに、怪我をした時の
ケアの方法や、怪我を予防するために
注意することなど、お話しに来てくれます。
20180217怪我とケアについて

少しでも上手になりたいと頑張ってる子たち。
怪我をしても、足が痛いって言うと、
トウシューズを履いちゃダメとか、レッスンを
休みなさいとか、、言われるのが嫌で、
身体が悲鳴をあげるギリギリまで我慢し過ぎて、
悪化させてしまって、結局、長く辛い
レッスン禁止令に大泣き

本人も大泣きだけど、、
お子さんの気持ちを理解して、サポートしてる
ママも涙。。
よくあるバレエ教室の出来事なのですが、
見てる私には、可愛い子たちの涙は
辛過ぎる

私も子供の頃には、たびたび病院の
お世話になっていたので、レッスンを
休みたくない生徒の気持ちも、ママの
心配もよく分かる。。
バレエはとっても難しいし、レッスンを
休むと、せっかく身につけた感覚が
消えそうで怖くなる。
でも、自分の身体を知ることは、大きな夢を
抱いてる生徒たちにはホントに必要なこと
なのです

院長先生に、生徒やママたちに身体のこと、
怪我をした時のケアの方法、怪我をしない
ために気をつけること、などなど、お話をして
欲しいとお願いしたら、お忙しいのに願いを
聞き入れて下さった。
桑原整形外科医院の先生方に、
心から感謝なのです。

お医者様とは、患者の身体だけではなく、
心も救ってくれる人のことを言うのかなと
思いました。


この日は、どなたでもご参加いただけます。
参加費も不要です。
お話を聞きたい方、バレエ教室のホームページ
お問い合わせフォームからご連絡ください。

TOMOE YAMASAKI ワークショップ
2018年02月09日 (金) | 編集 |
山崎朋江さん
毎年、はるか遠いカナダから来て、
生徒たちに踊る喜びと厳しさを
教えてくれます。

近年は、ピラティス指導の資格も取って、
未来を夢見る子供たちに、バレエに必要な
筋肉トレーニングの方法や、正しいストレッチ、
怪我を防ぐために気を付けること、なども
教えてくれるのです。
長年の友人。とっても大切な友人です。

今年も、3月10日(土)〜11日(日)
指導に来てくれます。
バレエ大好きな方、一生懸命にレッスン
してる方、どなたでもご参加出来ます。
ご興味ある方は、ぜひ、ご連絡ください。
ただし、ご自身のバレエの先生と
親御様のお許しを貰ってくださいね。

ここ←詳細およびチラシpdf

お問い合わせ先
加藤由紀子バレエ教室
TEL0940-42-5315
FAX0940-51-3549
メール
必ず2〜3日以内に返信いたします。

20180209TOMOE
昨年のワークショップより

20100209TOMOE YAMASAKI チラシ

ちびっ子ギャングにメロメロです♡
2018年02月08日 (木) | 編集 |
バレエを始めて1年目のEi王子です😊💕
毎週火曜日、この可愛すぎな王子ちゃまに
会いに行くのが楽しみでたまらないのです。
20180208020648cdc.jpeg


ちびっ子の勘は動物みたいに鋭いようで、
こんなバレエの先生の気持ちを感じてか、、
私は毎週、Ei君から様々な試練を与えられて
いるのです💦
201802080206568e1.jpeg


3月4日のサンリーアイでの文化祭。
Ei君も他の子たちもヤル気満々なのです。
今年も、バレエに出会ったばかりの
子供たちの、達成感と喜びに満ちた笑顔が
見れると良いな。

皆んなで創り上げる舞台は、大変なことや
我慢することも多いけど、本気で、真剣に、
諦めずに取り組むと、舞台の神様が
頑張った皆んなに、感動というスゴイ
ご褒美をくれるのです。
この事を昨年は3歳の王子ちゃまも感じて
くれたようです。
20180208020654377.jpeg

4歳になったEi君は、ときどきギャングに
なって私を困らせてくれますが、、
ときどき天使になって、もうハート💕を
メロメロにもしてくれるのです。

7月29日には岡垣サンリーアイで小さな発表会。
今年も、どんな手を使って生徒たちを
思いきり頑張らせて、思いきり楽しませて
やろうかな。
あの手この手、今の自分にできる事すべて
使って頑張らねば💪

日曜日のヴァリエーションクラス
2018年02月05日 (月) | 編集 |
日曜日の午後は、小学生のレッスンの後
役柄を表現することを学ぶため、
みんなプリマバレリーナになったつもりで
主役やソリストの踊りにチャレンジします。

Ayanaちゃん
小学3年生のAyanaちゃん
レッスンを始めたばかりの頃は
ママの傍を離れられず、発表会の
出演は無理かなぁ~とママと一緒に
諦めかけたとき、、
本番も数日後となったある日、突然に
頑張ると言い出した。

発表会が終わって、最初のレッスン日に
大きな大きな声で「あ~楽しい!!」
3歳の初舞台。

今では誰よりも積極的。
初めてのヴァリエーションチャレンジは、
白鳥の湖のパ・ド・トロワ。


小学生の中級クラスにあがって一年が過ぎた
4年生のMitoちゃんと、Momokaちゃんと、
Kaedeちゃん。
とっても頑張り屋さんたちです。
MItoちゃん
Mitoちゃんも、白鳥の湖
パ・ドトロワ第1ヴァリエーションに
チャレンジ。
いつも可愛いニコニコ笑顔で
踊ってくれます。


Momokaちゃん
Momokaちゃんはライモンダ。
回転が多くて、ちびっ子には
難しい踊り。
大きなお目目をくるくる、、、
一生懸命に練習しています。


Kaedeちゃん
ジャンプ力のあるKaedeちゃんは、
ラ・フィユ・マルガルデよりリーズの
ヴァリエーションを、元気いっぱいに
踊っています。



ようやく、バレエの入口に立った子たちです。
基礎を少しずつ身に付けて、身体で
ストーリーを語れるようになるまで
長い長い時間が掛かりますが、、、
海外に留学した子も、バレエ団に入った子も
みんなはじめは、このちびっ子ちゃんたちと同じ。

 ただ、踊ることが楽しくてたまらない

この気持ちが大きなエネルギーです。
大好きが才能かな✨



2月4日
この日は、可愛いカメラマンさんの来訪。
生徒に身体で物語ることを学ばせて
くれました。
YOKO20180204.jpg
Yokoちゃん。
どんな物語でも描けるように、
プロ意識を持ってチャレンジ中です。

20180204Mariさんと
Mariさんありがとう