FC2ブログ
バレエ教室のささやかな出来事
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
発表会ゲスト来訪
2011年02月27日 (日) | 編集 |
海賊 グラン・パ・クラシック

今年の発表会は教室の25周年ということもあり、生徒たちの意識を高め、
向上心をさらに刺激するために、初めて公演と銘うって開催することにした。

今日まで、神戸から、発表会ゲストのASHIUCHI先生が来てくださり、
温かく厳しく、根気強く生徒たちを指導して下さった。
せっかくのゲスト来訪。
地方のバレエ教室の生徒にとっては、大きな学ぶチャンス。
皆で先生のレッスンと作品の指導を受けた。
夢見る可愛いバレリーナの卵ちゃんたちの心に、いつも夢をいっぱいに
与えてくれるASHIUCHI先生の存在は本当に有難い。

先生は、生徒のために作品を創ることも引き受けてくださり、
思ったよりも早くに、振付指導が進んでいった。
教室の小学高学年になる生徒たちから、高校生以上のクラスの生徒たちが
参加する作品で、《ASHIUCHI先生から見たこの教室》をメインテーマに、
各クラスの生徒それぞれのレヴェルで思いきり楽しめて、みんなが活躍
出来るようにとお願いしたのだけど、私が思っている以上に生徒達を
生き生きとさせてくれている。
一番小さい子たちは、ゲストの振付に参加するなんて初めてなのに、
ニコニコ、、、にこにこ、、、うふふ。。。
心が喜んでいることがわかる。
演技をするシーンでも自然に様になっている。
ASHIUCHI先生の才能なんだろうな。。。
バレエ大好きっ子ばかりの私の教室の、初めての公演のオープニングには
ぴったりの、とっても明るい作品。


パ・ド・ドゥにチャレンジする子や、大きな責任を与えられた子たちは
少しでも自分のバレエの世界を広げようと真剣。
ゲストの来訪は、生徒たちの意識を高め、成長のきっかけを作ってやるには、
最高のチャンスとタイミングだ。
この三日間、教室には、いつものごとく頬を紅潮させた頬笑みと涙があふれた。
どちらも生徒の向上心の表れだな。
この素朴な子供たちの一生懸命な心は、純粋で、本当に綺麗。
一生懸命な心を持った子供たちを、どうしたら舞台の上で美しく
花開かせてやれるのか、、、バレエの先生の悩みで、責任なのだ。
バレエという世界は、理不尽で過酷な実力の世界でもあるのだけど、
バレエに出会ってバレエに感動している心は、みんな尊く、
みんな平等で大切。
可愛い子たち全員の努力が報われるように支えたい。

だ け ど  
プロを目指したいと宣言した可愛い生徒たち!!
いつまでも、自分にも先生にも甘えていては、夢はどんどん遠くに
行ってしまうよ。このことも忘れないように
瞬く間に通り過ぎてしまうチャンスを見逃さないこと。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する